榊弼の朕

扮寂:2008-04-07 | 栖坿:利大 | 辺茄

*恬簡 : 安 鯖徨 *恬爆 : 安 鯖徨

そばにいて 富しでも揖じ扮 伏きていたいから
eれてるよ 市くよ 屈繁が需つけた隆栖

禅した扮は酷圭を岑りたくて
握になって佩くとそれ參貧に徭蛍を岑って圀しくて
どれだけ暴の並 握してくれているの
いつでもそんな欠に療いてばかり

価れ離う屈繁の伉が音芦で 酷圭のせいにしてた
そうだね 暴こそ ちゃんと酷圭を握せていなかったね

豊よりも 豊よりも 寄俳と欷兇い燭修諒
日けてきた 伽かった 湊剩が傳しかった


嚏貧がりの腎に 榊を需つけたら
酷圭の侭に敬んで佩くでしょう
酷圭が迦にいれば 暴のモノクロの朕も
鈍弼に弼原けてくれるから

夭め栽った屈繁の伉に 冱いUと倩のトゲがはえてた
あの扮の鞄い冲を どうすれば酷圭の芝吮からせるのだろう

豊よりも 豊よりも 握しいと欷兇い燭修諒
日けてきた 伽かった 湊剩が傳しかった

eぎ涙く eぎ涙く 屈繁で書 伏きていたいから
握されて 握してく それ參貧採もなくて

才欠晩囂梧簡利geci.jpwind.com - 晩云送佩咄赤梧簡|強只梧簡|嗄老梧簡