ひとりごと

扮寂:2008-01-11 | 栖坿:利大 | 辺茄
梧爆困劼箸蠅瓦
梧返KOTOKO
恬簡
KOTOKO
恬爆KOTOKO


梧簡 
いつかまたきっと ここで氏える晩が栖る
そんな冱~ 書もえているなんて
どうかあなたも まだ 揖じ欒屬舛里泙泙
「ってくる晩を棋っていますように´

たったひとつの基え 佚じAけて
こんなふうに 書厚 蕗に竃してつぶやいた

ずっと棋ってる´ 偲しくて日いても
あなたの肖侭は 麿にはないから
Lにたなびくポプラの~の和で
こえた櫃した そんなひとりごと

いつまでもきっと 箸砲い襪釆Δ辰討
伉までhくxれてしまいそうで
仟しい尚弼の嶄で丶うあなたの
Oへ書すぐ lけ竃したいけれど

峠群なs崩を佚じAけて
こぼれそうな罅{悗肪悗瓩同Гしめた

ずっと棋ってる´ 偲しくて日いても
あなたの丶がxれないから
Lにeれてる念に凡った
劣によく貌た ひとりごと

峠櫃世茲釆で 返を尅ったのに
云輝は畷ってた ´ねえ、どこにも佩かないで´

ずっと棋ってる´ 偲しくて日いても
あなたの梁もり梨れないから
Lが\んだ襪この嶄の
あなたに曙けたい ただのひとりごと
才欠晩囂梧簡利geci.jpwind.com - 晩云送佩咄赤梧簡|強只梧簡|嗄老梧簡