あの晩の埴へ

扮寂:2008-01-11 | 栖坿:利大 | 辺茄
あの晩の埴へ


やわらかなLに
wばされてえた
わたぼうし弖って
痴い祇 埴をつけた
混がりなWを
哲めてくれる
ひだまりの丶
なつかしい直dのい

音匂喘に宇きしめた俟でWを貧げて
^佚じてる... ̄ 採もかも
書 WにAけて

rになぜか 偲しさは
俟の篭g すべりこむ
だけど埴がここにいるから
苧晩がえるよ ほら

柏に羨つ埴の
Lいeらす
歪のL hく
埴のふるさとへと\ぶ\r
尅り卦る丶
直息れ晩がeれる
いつまでもそこで
xいてほしいとう

肝?に伏まれてはえてゆくシャボン囁
[ぶ埴 ふわふわと
腎まで玲い貧がる

rになぜか 嘛さは
rの きす
いつか埴がえてしまうなら
あの晩に]じzめたい

書晩も 苧晩も あさっても
10定瘁も 認定瘁も
埴の]に おやすみのくちづけをしたいから

rになぜか 俳なさは
Lのように患きiける
だけど埴がここにいるから
罎眷くよ ほら
才欠晩囂梧簡利geci.jpwind.com - 晩云送佩咄赤梧簡|強只梧簡|嗄老梧簡