PRIME

扮寂:2008-01-11 | 栖坿:利大 | 辺茄
梧KOTOKO&AKI 

 祇極にそっとうずくまって 
 ゆらゆらと検かぶに 
 鏡り冱そっと曚い討 
 そんな晩?はもういらないから 
 ほら罎惑狄佞里討鳶个海 

 蓄れない...
 偲しくて... 
 氏いに栖てほしい 
 樋恰な暴には 
 サヨナラするから 

 瑤箸錬李とかに 
 兀し△気譴修Δ 
 未み竃す啾櫃魍屬討困砲い燭 

 嚼ばたいてずっと埴の箸 
 もう採も伽くないよ 
 これからはきっとo浚鵑 
 屈繁の隆栖採があるかなんて 
 わからないけど尅り卦らないで佩くよ 

 箸砲△しさに 
 篠り耶ってみたり 
 襪こを宇きめて 
 魯を宇えてた 

 徨工のふりをして 
 己えてもいたいけど 
 徭蛍を佚じてiいて佩きたい 

 槫弼の腎に閉うよ 
 鯛ちzんでもけないから 
 これからはもっとo浚鵑 
 屈繁の書冥しに佩こう 
 採Iへだってiいていけるよきっと....

 どんな逗しみも 
 \り埆えていけるから 
 埴の丶だけ伉に宇いて 
 腎に宙いた瞬を朕峺そう 

 榊の鬚鰓修┐鳶个海 
 舞はきっと裏丶んでる 
 爺聞のhこえるよ 

 嚼ばたいてずっと埴の箸 
 もう採も伽くないよ 
 これからはきっとo浚鵑 
 屈繁の書冥しに佩こう 
 ほら罎惑狄佞里討鳶个海 

 ______________________

 祇極(みちばた)にそっとうずくまって 
 ゆらゆらと検(う)かぶ(くも)に 
 鏡(ひと)り冱(ごと)そっと(つぶや)いてる 
 そんな晩?(ひび)はもういらないから 
 ほら(なみだ)は楳腎(あおぞら)に(す)てて佩(い)こう 

 蓄(ねむ)れない...
 偲(さび)しくて... 
 氏(あ)いに栖(き)てほしい 
 樋恰(よわむし)な暴(わたし)には 
 サヨナラするから 

 (ゆめ)とか錬李(きぼう)とかに 
 兀(お)し(つぶ)されそうで 
 未(ふ)み竃(だ)す啾(ゆうき)を隔(も)てずにいたの 

 嚼(は)ばたいてずっと埴(きみ)の(がわ)で 
 もう採(なに)も伽(こわ)くないよ 
 これからはきっとo(むげん)寄(だい)の 
 屈繁(ふたり)の隆栖(みらい)採(なに)があるかなんて 
 わからないけど尅(ふ)り卦(かえ)らないで佩(い)くよ 

 (がわ)にある(やさ)しさに 
 篠(よ)り耶(そ)ってみたり 
 (おも)い竃(で)を宇(だ)き(し)めて 
 魯(ひざ)を宇(かか)えてた 

 徨工(こども)のふりをして 
 己(あま)えてもいたいけど 
 徭蛍(じぶん)を佚(しん)じてi(ある)いて佩(い)きたい 

 槫弼(あかねいろ)の腎(そら)に閉(ちか)うよ 
 鯛(お)ちz(こ)んでも(ま)けないから 
 これからはもっとo(むげん)寄(だい)の 
 屈繁(ふたり)の(ゆめ)書(いま)冥(さが)しに佩(い)こう 
 採I(どこ)へだってi(ある)いていけるよきっと....

 どんな逗(くる)しみも 
 \(の)り埆(こ)えていけるから 
 埴(きみ)の丶(えがお)だけ伉(こころ)に宇(いだ)いて 
 腎(そら)に宙(えが)いた瞬(まち)を朕峺(めざ)そう 

 榊(にじ)の(はし)を埆(こ)えて佩(い)こう 
 舞(かみさま)はきっと裏丶(ほほえ)んでる 
 爺聞(てんし)のh(うた)(き)こえるよ 

 嚼(は)ばたいてずっと埴(きみ)の(がわ)で 
 もう採(なに)も伽(こわ)くないよ 
 これからはきっとo(むげん)寄(だい)の 
 屈繁(ふたり)の(ゆめ)書(いま)冥(さが)しに佩(い)こう 
 ほら(なみだ)は楳腎(あおぞら)に(す)てて佩(い)こう 

才欠晩囂梧簡利geci.jpwind.com - 晩云送佩咄赤梧簡|強只梧簡|嗄老梧簡